ケアマネジャーの方へ

ケアマネジャーの方へ

 「つながるクリニック」では在宅医療に力を入れております。
当クリニックの役割は「つながる」をコンセプトに、地域にお住まいの皆様が、安心して生活していただける環境をお作りしていきたいと考えております。医療機関という立場から、私たちは予防的視点で医療をご提供していきます。これらを実行するため、地域のケアマネジャーのみなさんとの連携を密に行っていきたいと考えております。
ケアマネジャーのみなさんより「医師には相談しづらい」というお話をよくお聞きします。どんな些細なことでも結構ですので、当院の何でも相談しやすい相談室の社会福祉士、ケアマネジャー、あるいは医師、看護師にお気軽にご相談ください。また在宅医療が必要な方のことも何でもご相談下さい。医療機関とケアマネジャーが連携し、在宅での生活の援助を行いたいと思います。
自宅で過ごしたい、ぎりぎりまで自宅で治療を受けたい、自宅で最期を迎えたい、など、患者さんの希望にできるだけ沿った形で在宅診療を行ってまいります。

経歴

大友路子

相談室室長
大友路子(社会福祉士)

日本女子衛生短期大学(現神奈川歯科大学短期大学部)卒業
市内の歯科医院に勤務
2000年の介護保険スタート時に介護支援専門員専門員取得
介護支援専門員としてとして横浜市内に勤務
2006年からは地域包括支援センターに社会福祉士として勤務、認知症に関する地域連携を通じ、「見える事例検討会」の開発に関わった。
2015年から伊東市民病院で地域包括ケア構築のための退院支援の仕組みづくりなどを行う。
2016年つながるクリニックの立ち上げにかかわり、事務長兼相談室室長