内科

内科系疾患に幅広く対応

イメージ

せき、痰、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く対応いたします。
急な体調不良や日常的に起こる症状の診察・検査などに応じますので、はっきりとした症状が出ている時はもちろんのこと、「調子が悪いのだけれど、何科を受診したらいいのかわからない」というような曖昧な場合も、また不定愁訴(病名のつかない原因不明の不調)や健康上の不安などについても、遠慮無くご相談ください(※基本的に要予約)。

地域の皆様の“ホームドクター”です

イメージ

体の調子が悪い時に多くの人が最初に受診する「内科」は、適切な医療を受けるための“総合窓口”としての役割も担っています。
地域の皆様の“ホームドクター”(ご自身・ご家族の日常的な診療、および健康管理をしてくれる身近なお医者さん)となれるよう、患者さんに寄り添うようにしながら、優しく丁寧な初期診療(プライマリ・ケア※)をいたします。

※プライマリ・ケア
プライマリ・ケア(初期診療)とは、病気にかかった時に「最初に受ける診療」のことを言います。プライマリ・ケアはかかりつけ医の本分であり、患者さんの全身状態を把握し、いくつもの診療科にまたがる包括的な診療をすることが要求されます。そして、専門的な医療が必要と判断されれば、しかるべき医療機関や専門医にご紹介いたします。

*会社や学校、市町村の健(検)診などで、何らかの「異常」や「指摘」を受けた方の診療も行っております。
*高度医療や入院加療が必要と判断された場合には、症状や病態に応じて専門科を判断し、適切な医療機関や専門医へのご紹介を行います。

内科医として全身を診療

イメージ

内科的な疾患は、いろいろな自覚症状で始まります。思わぬ病気が隠れていることもありますので、一見大したことがないように見えても侮らずに、きちんと診察を受けておくことをお勧めいたします。
自覚症状がはっきりしている時はもちろん、「なんとなく調子が悪い」といった場合も、「医者にかかるほどではない」などと自己判断せずに、遠慮無くご相談ください。
全身を総合的に診る内科医として、適切な診断と治療を行います。

こんな症状は早めにご相談ください。

  • 発熱
  • 頭痛
  • せき、鼻水、喉の痛み
  • 立ちくらみ
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • 動悸
  • お腹が張る
  • 息切れ
  • 吐き気、嘔吐
  • むくみ
  • 胸やけ
  • 喉の渇き
  • 食欲不振
  • 発疹
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 急な体重の増減
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 疲労感 など

内科の主な診療内容

急性疾患

風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)、尿道・膀胱炎、熱中症など

慢性疾患

生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)、メタボリック症候群等)、貧血、頭痛、便秘症 など

受診にあたって

イメージ

  • 初診、および月初めの受診の際は、有効期限内の健康保険証(コピー不可)をお持ちください。
  • 就・転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、新しい保険証を受付にご提示ください。
  • 住所や電話番号など健康保険証の内容に変更が入った際は、受付にお知らせください。
  • 受給者証(老人・乳児・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。
  • 再診以降、当院の「診察券」は受診の都度、お持ちください。
  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳をお見せください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。
  • 高熱やひどい下痢、嘔吐などの強い症状がある場合は、受付にお申し出ください。
  • いつ頃から、どんな症状が現れているのか、既往歴(今までにかかった病気)、また健(検)診結果などについてもお教えいただくと、診察がスムーズに進みます。
  • 受診の際は、なるべき上下に分かれた服装でお越しください(ワンピースやボディスーツですと、診察の妨げなる場合があります)。ネックレスやイヤリングなどの装飾品も、外していらしてください。
  • 当院では、「個人情報」の取り扱いには、スタッフ一同、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。